(mizuaoiの写真館改題)

(こちらは石川の植物の別館です)

 私の基本ホームページ「石川の植物」の別館が、現在閲覧不能になっております。そこには石川の植物のFILEの8割ほどが入っているので皆様にご迷惑をおかけしております。そこでサーバーを替えて、閲覧不能のFILEを改訂しつつアップし直すことにしました。

FILE 82 コオニユリ 
 
Lilium leichtlinii Hook.f. f.pseudotigrinum(Carriere)H.Hara et Kitam.   
オニユリ Lilium lancifolium Thunb.
               
   Liliaceae(ユリ科)

図1 コオニユリ (2002年7月24日 鳥越村綿ヶ滝) 図2 オニユリ (2001年7月23日 手取川下流)

 コオニユリとオニユリについて、こうやって画像で見た場合には、私にはまったく区別できない。
詳細に観察すると異なる点もあるが、微妙であり、ここでは説明し切れない。同じところの方が多いので、本FILEは両種の違いというより、コオニユリもオニユリもこういうものだ、といった観点でご覧いただきたい。


図3 コオニユリの葉の付け根のところ(葉腋)には、珠芽(ムカゴ)はできない 図4 オニユリでは葉腋に黒紫色の珠芽(ムカゴ)が付く
いまのところ、オニユリとコオニユリの誰にでも分かる区別点は珠芽(ムカゴ)ができる(オニユリ)か、できないか(コオニユリ)である。

図5 オニユリでも開花前の若い時期では一見珠芽は無いように見えることもあるが 図6 早とちりしてはならない。よく見れば、珠芽ができはじめている
図7 花弁と萼片が同じように見えるので、「花被片」という

 花弁が6枚あるように見えるが、蕾を見ても、図7のように、萼片らしいものがない。萼片と花弁が似たような形をしているからである。このような場合、花被片と呼び、萼片に相当する外側の3枚を外花被片、花弁に相当する内側の3枚を内花被片と呼び、全体をまとめて花被と呼ぶ。

図8 コオニユリの雄しべ
図9 コオニユリの葯 図10 コオニユリの花粉
図11 コオニユリの柱頭 図12 コオニユリの柱頭拡大

雌しべの柱頭は、花粉が付いたように橙赤色をしているが(図11)、拡大してみるとゼリービーンズのような突起で覆われてブラシのようになっていることが分かる(図12)。花粉を引っかけるための仕組みであろう。

雌しべの子房を横断して見ると(図13)3室からなっていることが分かる。雌しべが3枚の心皮というものが寄り集まってできているからである。各室には胚珠(はいしゅ:種子の元)が2列になって入っていることも分かる。なお、雌しべの柱頭を真上から見ると(図14)、3本の溝を数えることができる。見にくいが、中心から、3時の方向、11時の方向、7時の方向にかすかに溝が見えるであろう。
図13 オニユリの子房の横断面 図14 オニユリの柱頭

オニユリの全体像

 オニユリは石川県では、能登や加賀の海岸付近に多く見られる。壮大な株になるが、ひ弱な感じの若い株でも珠芽はできている。次の図15は、白山市八田町にある「おにゆりの里」で、八田町おにゆり保存会の方々が保存し,草刈りや珠芽を播いたりして保護されている場所での群生の様子である。ここは海岸砂丘上の群生地である。

図15 白山市八田町「おにゆりの里」(2006年8月3日)

コオニユリの全体像

 能登の日本海に面した場所には葉の幅が広くがっちりとしたコオニユリが群生しており、加賀地方の渓谷の岸壁では葉がほっそりとしたものが見られる。

図16 能登の海岸に咲くコオニユリ
図17 能登の海岸に咲く豪壮なコオニユリ
図18 白山麓には葉が細く花被の地色が無色
に近い珍しいタイプのコオニユリが多い
図19 岩場から垂れ下がって咲く白山麓のコオニユリ

オニユリもコオニユリも地中に木子(きご)を付ける

コオニユリの木子
 能登の海岸でコオニユリを観察している時、まことに残念なことに、多数のコオニユリが引き抜かれて散らばっていた。経緯は分からないが、たぶん球根を採ろうとして引っこ抜いたが、採れずにちぎられたという感じで、数日経過したと見られる十数本の茎が散らばっていた。

図20 ちぎられたコオニユリ
図21 図18の左下の木子の拡大。木子から真下へ根が伸びているように見えるが、これは木子の根ではなく、コオニユリ本体の根である 図22 図19をビニール袋に入れて1週間放置した状態。本体の根は枯れかけているが、木子から新しい根が下左の方へ伸びている(根毛が見える) 図23 親株から分離した木子 図24 木子は葉の付く節の上(葉腋)に付いている

 その断片を観察していると、なんと木子(きご)と呼ばれる無性芽が根の生えているあたりに付いているではないか。 断片の様子からすると地中の部分で、白く小さな木子である(図20の左)。
 中の1株には、赤く大きな木子があった(図20の右)。地中の木子が何で赤くなるのだ? と大いに疑問であったが、この株では地中茎(根茎)の一部も赤くなっていた。一見すると赤くない図20の左のコオニユリも拡大してみると図21・22のようにわずかに赤く染まっていた。
 この疑問は、「ユリ根」を育てていた時に偶然、理解できた。

 興味があったので、失礼して被害にあわなかった株の根元を試みにそっと手で掘ってみた。根茎の近くに先ほど見た木子そっくりの小さな個体を見付けた(図23)。しかしこれが、親個体から離れた木子なのか、実生苗なのか分からなかったので、また土に埋め戻して置いた。今考えると、実生苗(若い株)だったら地中に完全に潜っていることはないし、葉が付いているはずなので、これはやはり木子だったのだろう。
 コオニユリの根茎では、葉は枯れてしまっていたが、葉の付いていた節、すなわち、かつての葉の葉腋に木子が付いていた(図24)。

図25 購入したなりのユリ根は白かった(2005年12月25日) 図26 室内に放置しておいたところ赤く色づいてきたユリ根(2006年1月9日)

 2005年の12月25日に、近所のスーパーで「ユリ根」を購入した。どういうユリが育つかを調べるためであったが、そのまま玄関に放置し、2006年1月9日になってみたところ、芽も鱗片も赤く色づいていた。うち捨てられていたコオニユリの木子の色と同じであった。
  ということは、図20のコオニユリは、引き抜かれてから数日経過する間に、このユリ根のように色素が増えてきたということだったのである。

オニユリの木子
 自宅栽培のオニユリには木子が付いていなかったので、図15の自生地のオニユリで、失礼して、少しだけ根本の土をどけてみた。大小5個の木子を見つけることができた。中でも、地表すれすれの位置に付いていた一番上の木子(図28)は緑色をして、根も出ていた。 地上茎の珠芽が黒紫色であるのと比べて大きな違いである。

図27 図21の自生地のオニユリの木子。大小5個の木子が見えている 図28 左図の一番上の地表すれすれの所にある木子は緑色で根も出ていた。最小目盛りは0.1mm

 根茎の所々に木子(きご:bulblet)と呼ばれる無性芽がつくことがある。木子はできやすい条件というものがあるらしく必ず見られるというものではないが、オニユリにもコオニユリにも見られる。
 オニユリのように地上茎の葉腋(ようえき)にできた無性芽は珠芽(しゅが:bulbil)とよばれ、木子も珠芽も葉腋にある腋芽が発達してできた小さな鱗茎と考えられる。
ここで、ユリの根の勉強をしておこう

図30 オニユリの収縮根の拡大

 秋になると、古い鱗茎(球根)はしぼんでその上に新しい鱗茎ができる。こうして年々鱗茎を上方へ更新していくと、ついには鱗茎は地上へ出てしまうことになるが、実際にはそうならずに鱗茎はある程度の深さの所に留まっている。それは、根(下根)が収縮して鱗茎を下へ引っ張る働きをしているからで、このような働きをする根を収縮根といい、根の表面には収縮によってできた横しわが見られる。収縮根は球根をもつ植物には広く見られるものである。
図29 オニユリの根。この例では木子は付いていない

 ユリは地下に鱗茎(いわゆる球根)があり、この下部から根(下根)が出るほかに、鱗茎から伸びる茎の地中部分(根茎)からも根(上根)が出る。
 下根は収縮根でおもに植物体の安定を図るものであり、2カ年は生育し、上根はおもに栄養の吸収を行うもので、地上茎が枯れるときに一緒に枯れる。
 
 
 このようにオニユリにもコオニユリにも地下には無性芽(木子)があるので、オニユリとコオニユリの違いを、単に無性芽の有る無しで言うと厳密には間違いということになる。

珠芽(ムカゴ・鱗芽ともいう)の有る無しと言うべきなのである。

オニユリとコオニユリの決定的な違い

 両者の決定的な違いは、コオニユリは二倍体でよく結実するが、オニユリは三倍体なので種子ができないと聞く。

図31 コオニユリの果実


石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。著作権法上許される範囲をこえて、著者に無断で転載はできません。「著者の了承を得て転載しました」の断り書きの無い場合には、盗作になります。ご注意下さい。ただし、リンクは自由ですから、承認を求めることは必要ありません。