mizuaoiの植物観察事典

246 ハマゴウの大群落(2013年8月8日)

図1 どこまでも続くかと思われるハマゴウ群落(2013年8月8日)
図2 紫の花とピンクの花が並んでいる場所もある。(7月30日)

  「いきものが住みやすい環境づくり」をテーマに行われているセーブジャパンの催しで8月18日に加賀市の海岸で植物観察会を行います。
 今はちょうどハマゴウの満開時期です。昭和58年に石川県で行われた第34回全国植樹祭の折に石川県へ行幸された昭和天皇が「ここのハマゴウ群落はすばらしい」との感想を述べられた大群落です。海岸砂丘を幅100m、長さ4km程に渡って埋め尽くすハマゴウの満開は必見です。なお、ここには珍しいピンクのハマゴウもあります。
 参加は無料で、現地への移動は貸し切りバスでの送迎となります。
ご希望の方は、パンフレットの申込先「石川県立自然史資料館 金沢みどりの調査会 中野真理子」氏まで、インターネットかFAXでお申し込み下さい。
ホームページ上での申し込み締め切りは「8月10日」となっていますが、本チラシには締め切り日が記載されていないように、緩やかですから、遅れても申し込んでみて下さい。
 暑い時期の海岸ですから、熱中症対策は完璧になさって下さい。

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。