mizuaoiの植物観察事典

227 ヒガンバナ(彼岸花)(2013年1月1日)

図1 9年目を迎えようやく3球に分球したヒガンバナの苗。
図2 1年前の様子

 明けましておめでとうございます。
今年も、石川の植物、石川の自然史、楽しい植物観察日記をよろしくお願い致します。
 2007年に「知るほどに楽しい植物観察図鑑」を出版してから6年。続編の執筆に取り組んでいますが、公私ともに忙しくて、なかなか筆が進みません。あと3つほどFILEが残っております。
 題名は恐らく「植物観察手帖」になると思います。普通は「手帳」と言うことが多いと思いますが、あえて「手帖」とするのには深い理由があります。「はじめに」で詳しく解説致しますのでお楽しみにして下さい。
 ところで、2004年に金沢城公園を調査した際、普通には種子ができないヒガンバナにいくつかの種子を得て、栽培を始めました。劣悪な栽培環境にもめげずに毎年育ち、どうやら3株に分球したようです。遅々とした成長ぶりで、いったいいつ頃開花にいたるのか、待ち遠しいです。
 ヒガンバナの詳しいことは、石川の植物にFILEがありますのでご覧下さい。

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。