mizuaoiの植物観察事典

213 ジュウニヒトエ(十二単)(2012年5月18日)

図1 濃い青紫の花の個体。 
図2 花色の薄い個体。
図3 非常に花色が薄くほとんど白に見える。
図4 青い花のものとピンクの花のものが並んでいる。
図5 主として遊歩道と竹林の間に群生している。

 昨年の5月25日にmizuaoiの写真館「179」で報告したジュウニヒトエを今年も見に行ってきました。ジュウニヒトエは石川県ではそう多いわけではなく、詳しい分布状況が分かっていません。
 場所は金沢市高尾の高尾城址見晴らし台へ登る遊歩道です。石川県教育センターの駐車場の横が登り口になっており、道しるべもあるので分かりやすい場所です。
 竹林を切り開いて作った遊歩道の両側に、白っぽい花のものや青紫の花のもの、ピンクの花も混ざって多彩です。ジュウニヒトエの一大群生地ですから、近所の方はぜひ見学に行かれることをお勧めします。
 頂上は高尾城址で解説板もあり、金沢市内を一望できるので散歩には格好の場所です。

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。