mizuaoiの植物観察事典    

174  今年もミズバショウが咲き出しました(2011年4月8日)

図1 ミズバショウの栽培湿地
図2 雌しべだけしか顔を見せていない雌性期
図3 雨が激しくなって、雌しべに水滴が付いた。

  今年の3月は異常な気がします。晴れては降り、晴れては降りでなかなか雪が収まりません。例年
春分の日に観察しているナニワズ自生地でも、今年は開花中は1株だけで、後はすべて蕾のままでし
た。春の訪れが10日は遅いような気がします。いずれは追いついてくるでしょうが。
 4月6日(水)ヤドリギの花を撮影に、能登のとある山へ向かいました。
なんと林道の途中で、雪が積もったままになっていて車が進めません。こんなことは初めてです。やは
り今年は、異常に雪が多かったようです。やむなく雪道を1時間かけて歩いてヤドリギの観察をしまし
た。
 帰宅後、撮影に使ったSDカードをカメラから出したことは確実なんですが、パソコンのところへ行っ
て、スロットへ差し込もうとしたら、カードがありません。カメラからパソコンまでの間にどこへ寄り道を
して何をしたのか、記憶から完全に消えてしまっています。要するにSDカードが行方不明になって、
この日撮影したすべてのデータも行方不明です。認知症の走りなんでしょうかね。寒々とした気分で
す。
 気を取り直して今日、8日(金)はミズバショウの撮影をしました。何代目になるかは不明ですが、
40年以上前に種苗店で購入した株の子どもに由来するものです。今年も咲いてくれました。近づ
いて見ると、雌しべだけが顔を出した「雌性期」です。その後、雨が激しくなってきました。


ミズバショウは大好きな花です。
 石川の植物には、詳しいFILEがありますから是非ご覧下さい。

☆ 石川の植物 http://w2222.nsk.ne.jp/~mizuaoi/

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用
画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。著者に断り無く転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。