mizuaoiの植物観察事典

163  淡色の花2題(2010年9月19日)

図1 完全な白ではなく、薄くピンクが残っている
図2 普通花のツリフネソウ
図3 普通花のツユクサと淡色花のツユクサ

 今日は、七尾方面へ用事で出かけていました。
 色の薄いツリフネソウを見てきました。場所は以前から知っていたのですが、株数がだいぶ少なくなっ
ているように感じました。
普通のツリフネソウと混生していますので、遺伝的にこの色彩を維持し続けるのは困難かもしれません。
 ツリフネソウを最初に見たのは、高校2年生の秋、遠足で倉ヶ岳へ行ったときのことです。初めてでした
が、見た瞬間、これがツリフネソウ(釣舟草)という植物だとすぐわかりました。
 色の薄いツユクサは、偶然、農道で見つけたものです。これも普通色のツユクサと混生していました。
☆ 石川の植物 http://w2222.nsk.ne.jp/~mizuaoi/

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用
画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。著者に断り無く転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。

2010年5月1日から、画像のサイズを横1024ピクセルに落としました。