mizuaoiの植物観察事典

160  ようやく秋の気配(2010年9月1日)

図1 いよいよミズアオイの開花が始まりました。
図2 ミヤマアカネがきました。羽の両翼の茶色のバンドが特徴です。
図3 サワギキョウが開かないままじっとしています。
図4 続く花も開く気配がありません。
図5 オニバスの花は、葉の大きさからは想像できないくらいかわいらしい。

 きょう9月1日は二百十日、立春から数えて210日目だそうです。
 今年の8月は暑かったですね。毎日毎日、猛暑が更新しているような感じでした。
金沢の8月の平均気温(29.3℃)は観測史上最高だったそうです。バンコクの平均気温が28.4℃で、金沢
の方が暑かったのだそうです。
 それでも、生物の世界は確実に秋へ向かって進行しています。
8月31日、ミズアオイが開花しました。今年のミズアオイは花の色がとても薄いので驚いています。そのう
ちに濃くなるのかもしれませんが。
 ミヤマアカネが3匹庭にきていました。
これは猛暑とどういう関係になるのかはわかりませんが、今年のサワギキョウの開花は非常におかしい
です。8月27日に花冠裂片が離れないまま開花して、今日に至るまでそのままの状態をキープしておりま
す。2番花、3番花も花冠裂片が少し離れかけたままの状態が続いています。
 そして秋とは関係ありませんが、今年、我が家ではオニバスの花が3個開花しました。心が洗われるよ
うな美しさです。一日だけ開いて、翌日はもう開きませんでしたが。

☆ 石川の植物 http://w2222.nsk.ne.jp/~mizuaoi/

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用
画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。著者に断り無く転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。

2010年5月1日から、画像のサイズを横1024ピクセルに落としました。