mizuaoiの植物観察事典

123 ナニワズがもう咲いた (2009年12月19日)

図1 雪を被りながら咲くナニワズ(2009年12月19日)
図2 雪を被りながら咲くナニワズ(2009年12月19日)
図3 雪の重みでほとんどの枝が倒れてしまった
図4 雪の重みで、枝の分岐点で裂けてしまったナニワズ(2009年3月15日)

 12月17日から突然の大雪となりました。そこで、庭の植物、とりわけナニワズがどうなっているかを検分に出ました。
ナニワズは冬の間も大きな葉を広げているので、雪を被ると倒れやすい木です。
植物体の柔軟性が非常に高いので、そのことによって折れるということはないのですが、枝の分岐点でしばしば股裂きになってしまうので、それが心配だったのです。
参考までに股裂きになったナニワズの写真を掲載しますのでご覧下さい。
 さいわい雪の量がそう多くはなかったので裂けた被害は見あたらなかったのですが、驚いたことにもう花が咲いていました。3個だけでしたが、通常の開花は2月下旬なので、そうとう早い開花といえます。

 ナニワズの詳しいことは、石川の植物にFILEがありますのでご覧下さい。

☆ 石川の植物 http://w2222.nsk.ne.jp/~mizuaoi/

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。