(mizuaoiの写真館改題)

(こちらは石川の植物の別館です)

 私の基本ホームページ「石川の植物」の別館が、現在閲覧不能になっております。そこには石川の植物のFILEの8割ほどが入っているので皆様にご迷惑をおかけしております。そこでサーバーを替えて、閲覧不能のFILEを改訂しつつアップし直すことにしました。

104 ジャケツイバラ  Caesalpinia decapetala (Roth) Alston var. japonica (Siebold et Zucc.) H.Ohashi
               Fabaceae(マメ科)


 ジャケツイバラは漢字表記をすると「蛇結茨」となります。枝がもつれながらくねっているさまを、ヘビがからみ合っているようすに見立てて名付けられたといわれています(花と樹の大事典)。私には、鋭く丈夫な刺に蛇でも、絡め取られてしまうという意味合いを感じることができます。

 属名の Caesalpinia はイタリアの植物学者、哲学者、医者で、法王クレメンス8世の侍医、また『De Plantis』(植物分類体系. 1583)の著者でもあったチェザルピーノ(A. Cesalpino、1519ころ−1603、ラテン語のつづりでは Caesalpinus)の名にちなむ(園芸植物大事典による)とのことです。種小名の decapetala は、10個の花弁をもつという意味です。5個しか花弁がないのに、なぜこのような名前が付いたかは分かりません。(同色の萼片と合わせれば10個にはなりますが。)
 イバラ(茨)の名のごとく、刺のある蔓(つる)性の落葉低木で川岸や林縁に生えます。

図1 川縁を覆って咲くジャケツイバラ
図2 川縁を覆って咲くジャケツイバラ
図3 川岸で花を咲かせている。目に鮮やかな黄金色だ(2004年5月15日)
図4 遠景も見事だが、株のほとりに立つと下向きの花が、揃ってこちらを向いているのも見事だ
図5 長さ30cmにもなる花序が葉の上にすっくと立つので遠くからでもよく目立つのである
図6 花序は総状花序(そうじょうかじょ)と呼ばれ、多数の花がほぼ同じ長さの花柄で花軸に付いている
図7 それぞれの花が、ほぼ同じ長さの花柄をもつ総状花序であることが、花序を真上から見るとよく分かる
図8 葉は、小葉の数が偶数である2回羽状の偶数複葉である

 葉の感じがニセアカシアとよく似ていて始めは区別が付かなかったのですが、ジャケツイバラの葉が2回羽状の偶数複葉なのに対し、ニセアカシアの葉が奇数羽状複葉(図9)であるので違いは明らかです。

図9 ニセアカシアの葉は、小葉の数が奇数である奇数羽状複葉である
図10 葉軸には曲がった逆刺(刺の先が植物体の先端ではなく、元の方へ向かっている)が多い
図11 幹や枝には割に真っ直ぐな太い刺が多い
図12 葉を落とした冬姿。葉を落とした葉軸は丸く堅くなり、しかも刺をもっているので、コイル状に巻いた鉄条網のようになり人を寄せ付けない。もちろん本来は、これで他の樹木に絡まって上へ伸びていくためのものであろう
図13 大株の根元。画面の中で縦横無尽に見えている木質の枝や幹は、太いの細いのすべてがジャケツイバラで、とても近づくことができない。遠くから望遠レンズで撮影
図14 うっかり葉の刺に触れたら刺が刺さって出血した。じつは、近づいたら、かってに刺さってきたのだが

 枝や幹には鋭い刺がビッシリ並んでおり、さらに葉軸には鋭い逆刺(図12参照。刺の先が植物体の先端ではなく、元の方へ向かっている)が多くあり、それらが蔓となってもつれ合っているので、ジャケツイバラのあるところは天然の鉄条網となっています。
 太い幹にある大型の刺を撮影したいと藪の中へ進んだところ、葉軸の刺が帽子やシャツに引っかかり、額にまで刺さりました。鋭いかぎ爪になっているので外すのに苦労しました。特に額に刺さった刺は、どういう方向から刺さったかが分からず、外すのが大変でした。この分だと、無理して藪の中へ入ったら身動きが取れなくなり遭難しそうだったので、やむなく中止しました。

図15 花。直径3〜4cm。5個の花弁からなり、1個だけ小さく赤い筋が入っている
図16 萼は黄緑色で5個からなる
図17 雄しべは赤く、花糸の中部以下に白い毛が密生する
図18 葯
図19 雌しべは10個の雄しべに取り囲まれていて、外からは見えないことも多い。図の真ん中にあって突起をもつのが雌しべ
図20 雌しべの先端部は上へ向かって反り、縁に突起をもつが中は空洞になっている。どこまでが花柱で、どこからが柱頭なのか不分明であるが、おそらく突起のある先端部が柱頭なのであろう
図21 花の底では、子房と毛むくじゃらの花糸の間に広い空間(蜜槽)があり、蜜で満たされる

花の底では、花弁の基部に雄しべの花糸が配置しているので、広めの花盤の中央に位置する子房と花糸との間が蜜槽となって、蜜が貯まっている。花糸にある毛は、アリなどの盗蜜者の侵入を防いだり、下向きに咲く花の蜜を垂れ流しにしないための工夫と考えられる

図22 名前は分からないが昆虫が訪れている 図23 これはおそらくクマバチだろう
図24 ジャケツイバラの果実。いかにもマメ科らしい
図25 ジャケツイバラの冬姿 葉を落とした刺だらけの葉軸が残り、それぞれの葉軸の前方に冬芽が見える
図26 ジャケツイバラの冬芽
図27 ジャケツイバラの冬芽。この場合、4個並んでいる

 落葉した葉柄のすぐ上(前)に数個の側芽(冬芽)が縦1列に行儀良く並んでいます。一番上を主芽、あとのものを副芽と呼びます。主芽が一番大きくて、普通は主芽だけが春に展開します。主芽に事故があったときには、控えていた副芽が伸びて新しい枝となります。予備の冬芽をもつなんてなかなか用心深い木です。

図28 主芽が展開を始めた(2005年3月6日)
図29 主芽に事故があって副芽が膨らんできた

 冬芽が展開すると、新しい枝(シュート)ができます。それには、花の付かない枝である場合と、何個かの葉をもち、さらにその先端に花序を付ける場合とがあります。新葉の腋には、もう側芽ができています。

図30 冬芽が展開してできた新しい枝。矢印は新葉の葉腋にできた側芽(2005年5月21日)
図31 側芽は、少ない場合は1〜2個、多い場合には、7個もできていることがある。この図では6個であるが、先頭の主芽が、事故によって失われている。
はじめは、気の早い冬芽と思っていたが、次の図(図32・33)で見るように、新しい枝(シュート)の始まりであることが分かる。(2005年5月21日)
図32 側芽の展開
図33 展開した側芽。側芽と冬芽の姿がかなり異なる。側芽から冬芽への変遷(図27、29)がどうなっているのかが、今後の研究課題である
図34 この枝には7この冬芽があり、1番〜3番まではかなり大きくて、待機状態であった。
図35 図34の撮影後3週間の間に1番の主芽が失われ、2番と3番の芽が伸びている。
ジャケツイバラ災難に会う
 恐れるものがないと思われたジャケツイバラにも強力な敵がいました。人間です。
2005年4月2日、なんと、ずたずたに切り裂かれ、火を掛けられていました。田んぼの横の土手をふさいで生育していた木ですから、農作業の邪魔になったのでしょうが残念です。
 なお、花を撮影していた木は別の場所の川岸にあり、この時点では無事でしたが、後年、それも伐採されました。

図36 土手の上には、黒こげのススキの株や、切られた枝が転がっていた
図37 切るのは大変だったらしく、ためらい傷のように、たくさんの傷が付き、雑然としている。多分この作業をした人も、傷を負ったに違いない
図38 刺が整然と並んでいるのに驚いた

図39 ジャケツイバラの県内分布。石川県樹木分布図集による

文献
  植物文化研究会 編.
1996. 図説花と樹の大事典:219−220.柏書房.
  秋山 忍・国重正昭1996. 園芸植物大事典:439. 小学館.
  石川県地域植物研究会 編. 1994. 石川県樹木分布図集:203. 石川県林業試験場.

石川県樹木分布図集の購入を希望される方は著者(mizuaoi)まで直接ご連絡ください。


☆ 
ツイッターを始めました。

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。著作権法上許される範囲をこえて、著者に無断で転載はできません。「著者の了承を得て転載しました」の断り書きの無い場合には、盗作になります。ご注意下さい。ただし、リンクは自由ですから、承認を求めることは必要ありません。