mizuaoiの植物観察事典

097 まどろみのムクドリ(2009年6月16日)

図1 翼を広げて這いつくばっているムクドリ 
図2 死んだように俯せになっているムクドリ
図3 近づいてくるムクドリ

我が家に隣接して、200坪ほどの芝生広場があります。
そこは野々市町の手によって、年に4回ほどの草刈りが行われており、いつも整然としています。3〜4日前に草刈りが行われたところで、虫たちが隠れ場を失ってうろうろしているせいなのか、多数のムクドリが毎朝群れて、餌をついばんでいます。
今日は、アレッ! ムクドリが芝生に這いつくばっています。
一瞬死んでいるのかとも思えましたが、芝生の上に翼を広げてデレッと日光浴をしているのでした。
野鳥のこんなに無防備な姿を見るのは初めてでした。よほど気持ちがよかったのでしょうか。



石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。