mizuaoiの植物観察事典

093 ナニワズ(2009年6月6日)

図1 大株。少なくとも450個の果実を数えることができた。昨年は、168個の果実ができた株である。(2009年6月6日) 
図2 まだ葉が少し残っているが、やがてすべて落葉し「夏坊主」となる。
図3 この赤い果実が庭の中でひときわ目を引く。
図4 この赤い果実が庭の中でひときわ目を引く。
図5 この赤い果実が庭の中でひときわ目を引く。

 昨年、mizuaoiの写真館 24 でご紹介した我が家のナニワズの最大株です。
昨年は、少なくとも168個の果実ができたと報告いたしましたが、今年はなんと450個を数えることができました。
 石川の植物FILE6でも紹介しましたが、「多汁質の果実で、とてもおいしそうに見える。試しに口に含んでみた。はじめは少し甘みもあるがほとんど無味、しかし間もなく奥の方から、何とも表現できない苦みのような味が出てきた。何時間も嫌な味が口の中に残った。」2度と味わいたくない経験です。有毒ですから味わうときには慎重な注意が必要です。決して本当に食べてはなりません。
 どんな鳥が食べに来るのかじっくり観察したいところなのですが、近所の子どもたちが食べて事故を起こすと具合が悪いので、もうしばらくしたらすべて収穫してしまいます。といって、食べるわけにもいかないので、プランターにでも蒔いて、我が家をナニワズ畑にしたいと考えています。早春の花がとてもきれいですから。
 比較観察をしたいので、オニシバリの果実または苗をお持ちの方で、物々交換をして下さる方いらっしゃいませんか。
 決して山取はしないで下さい。自宅の庭で増えた苗との交換です。よろしければ先ずはメールをお願いいたします。

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。