mizuaoiの植物観察事典

087 フジ(2009年5月12日)

図1 赤みの強いフジの花 
図2 赤みの強いフジの花
図3 通常の花と比較

  フジ(ノダフジ)が花盛りです。
林道を走ると至る所で藤の花が垂れ、良い香りを発しています。
ふと観ると斜面の一角が紅く染まっていました。赤みの強いフジの花でした。栽培品では観たことがありますが、山中では初めてでした。株数を数えることは容易ではありませんが、離れた2箇所にありましたから、2株はあったのでしょう。
 急な崖の下なので直接近づくことができず、600mm相当の望遠レンズで撮影しました。色合いを正確に再現することは難しいので、同時に同じ光線で撮影した通常のフジの花も並べておきます。



石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。