mizuaoiの植物観察事典

086 ホタルカズラ(螢蔓)(2009年5月4日)

図1 藪の中だが、陽当たりの良い場所に観られる。(2009年5月4日) 
図2 花冠裂片の中央に白い隆起線がある。
図3 マクロで観ると結構痛んでいる。

  ホタルカズラを見に奥能登まで出かけました。
ムラサキ科の野草で全国版らしいのですが、石川県での分布は限られ、絶滅危惧2類にランクされています。
 海に面した丘の尾根筋なのですが、昨年は以前に見た場所では見つからず、今年も少し離れた場所で、8年ぶりの再会となりました。直径2cm未満の小さな花ですが鮮やかな瑠璃色が陽光にきらりと光って、思わず歓声を上げました。
 山溪の「山に咲く花」には「花の色を螢の光にたとえたもの」とありますね。


石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。