(mizuaoiの写真館改題)

(こちらは石川の植物の別館です)

 私の基本ホームページ「石川の植物」の別館が、現在閲覧不能になっております。そこには石川の植物のFILEの8割ほどが入っているので皆様にご迷惑をおかけしております。そこでサーバーを替えて、閲覧不能のFILEを改訂しつつアップし直すことにしました。

FILE 77 シャクチリソバ 
 
Fagopyrum dibotrys(D.Don)H.Hara    
(Polygonaceae タデ科)


図1 シャクチリソバの花。5枚の萼、8本の雄しべ、3本の花柱、8個の蜜腺からなる。白・赤紫・黄色の取り合わせが実に美しい。(2001年10月26日)
図2 大株
図3 河川敷に広がる大株の群。それぞれの株がこぶのように盛り上がっている。(2002年10月3日)
図4 早春、前年の株のあったところは枯れ枝が残ってアリ塚のようにこんもりとしている(2004年2月21日)
図5 枯れたシュートのかたまり 図6 こんもりとした枯れシュートを取り除くと中は案外ガランとしている
図7 根元には冬を越した芽(矢印)が見られる。矢印(2004.2.21) 図8 枯れたように見えていた枝でも、折れ口が青々していてまだ枯れていないものが沢山見られた(2004.2.21)

 情報によれば、シャクチリソバにはアレロパシーがあるらしい。道理で株の下にはほとんど他の植物が生えているのを見ることができなかった。これまで非常に葉が茂っているため、暗くて他の植物が生えることができないのだと思っていたが、アレロパシーということになると、シャクチリソバに対する見方もまた変わってくる。
 冬枯れの株の根元を探ってみると、図6のようにガランとした空間が残っている。しかし、株は枯れたわけではない。図7のように冬越しの芽もあるし、茎の中には枯れたように見せかけながら、内実は青々としているものもある(図8)。

図9 自宅のシャクチソバで枯れたシュートをまくって根元を見た。
図の中心で少し暗いところが株の中心。スイセンが株の根元に生育しているのが分かる。右手のオモトには朱色の果実も見える。(2004年2月29日)


 2001年12月に、現場から株分けして自宅で栽培している株は、2004年2月時点で、枯れたシュートをもとに測定すると長径2mにまで育っており、やはり根元はガランとしているといいたいのだが、じつはスイセンとオモトが茂っている。ほかのものは見られない。まったくアレロパシーを感じさせない生育ぶりである。この両種はアレロパシーに強いのであろうか。仮に強い植物でも、シャクチリソバの根元はとても暗いので補償点の高い(明るいところでないと育てない)植物では、生育は困難であろう。幸いにして、オモトは暗い樹陰を好む植物であるし、スイセンの葉はシャクチリソバの葉が茂る頃には枯れるという性質を持っているので、平気なのであろう。

 昨年、シャクチリソバにアレロパシーがあるとの情報を頂いたが、私にはどうも納得がいかないので、今年(2005年2月)現場を探索してみた。すると、シャクチリソバの枝張り(?)の下にはいろんな草が生えていた。こんなにいろいろな植物が生えることのできるシャクチリソバのアレロパシーとはどのような仕組みなのか。じつは、アレロパシーが作用しやすい植物や、平気な植物もあったりするので、なかなか簡単ではないようである。

 次の図(11〜16)は、シャクチリソバの枝張りの下に生えていた植物の例である(2005年2月18日)。当然のことであるが、シャクチリソバの最盛期にはビッシリと葉が茂り、暗くなるので、ほとんど何も生えることができない(オモトだけは年中ある)。


図10 枯れたシュートのかたまり。この下にいろんな植物が生えている(2005年2月18日)
図11 ヤハズエンドウ(多分) 図12 カキドオシ
図13 ヤエムグラ 図14 セランダイン花はここで
図15 オランダミミナグサ 図16 ヒメオドリコソウ
図17 自宅のシャクチリソバ。枯れたシュートの間からナニワズが見えている(2005年2月19日)

 アレロパシー(Allelopathy、他感作用):植物の生産する化学物質によって、ほかの植物や微生物が直接的あるいは間接的に影響を受けること。
 セイタカアワダチソウが荒れ地に繁茂するのをよく観るが、セイタカアワダチソウのもつポリアセチレン化合物が他の植物の発芽や生育に害を与えるからだと言われている。また、この物質が土壌中に貯まりすぎるとセイタカアワダチソウ自身の発芽も害を受けるとも言われている。

駒井功一郎. 1998. 雑草の自然史 ハマスゲにおける他感作用. p114.北海道大学図書刊行会.
浅川征男. 1994. 週刊 朝日百科 植物の世界 セイタカアワダチソウの”爆発力”. 1-120. 朝日新聞社.

図18 花序
図19 蜜腺(中央は子房) 図20 蜜腺から蜜が出ているところ
図21 港の「もやい杭」。蜜腺の形と似ている 図22 果実。3稜形。学名のように、ブナの実と似た形をしている。(2003年11月14日)

 シャクチリソバは漢字で「赤地利蕎麦」と書き、牧野富太郎博士が本草綱目の「赤地利」なる植物がこれに当たるとして命名されたとのことである(資源植物事典による)。
 Fagopyrum(ソバ属)に属するのだが、「FagopyrumはFagus(ブナ属)+pyros(穀物)に由来する」と言うことである。それはもちろん果実(痩果:そうか)が、図22のように三稜形で、ブナの果実(堅果:けんか)に似た形をしているから付いた名である。また「fagusは、ギリシャ語のphagein(食べる)に由来する」とのことである(植物学ラテン語辞典による)。
 今回取材のものは、勤務先の近く、伏見川の川原である。直径1mを超す大株がいくつも生えていた(図2・3)。ここは降雨後の増水ですぐに冠水してしまうような場所である。花は直径5〜6mmで、白い萼(5深裂)からなり、近くで見ればとても美しいのだが、そばまで行かないと目立たない(図1)。
 花のつくりとしては、花冠(かかん)と萼(がく)を合わせて花被(かひ)と呼ぶが、タデ科の花は花冠が無くて萼だけなので、花被とは言わずに萼と呼ぶこともある。雄しべは8個、花柱が3本に分かれた雌しべの基部には8個の蜜腺(腺体)がある。蜜腺は小さくて先が曲がっている(図19・20)。港で船のもやい綱をかける「もやい杭」(図21)と似た形をしている。

図23 地下茎は、塊根状となって冬を越す 図24 不定根。茎は横に這いながら不定根を出して広がる
図25 不定根が根付いた。右から左へ伸びた枝が地面に触れるところで、発達した不定根が土中へ出ていた。土が付いていて見にくいが、いずれこの箇所に新しい塊茎ができるという
図26 塊根状の地下茎が枝分かれし。新しいシュートをたてて大株に育つ(2003年11月1日金沢城址公園)

図27 葉 図28 托葉鞘
図29 2004年2月の芽出し(2004年2月21日)。多数のアブラムシが付いている。こんな時期にもう活動しているアブラムシのたくましさに驚いた。この場所は、勤務先の近くの川原だが、ちょうど橋の下に当たるので、積雪が少なく早々と芽出しをしているもので、他の株ではまだ芽出しは見られない。これがもう少しほころびると次の図30のような姿になる

図30 2004年の芽出し(2004年2月14日)。巻き込んでいた葉が展開する様子がはっきり分かる
図31 シャクチリソバの芽出し:川原の砂の中から、新芽が顔を出した。血液がみなぎっているような力強さがある。下方にボンヤリ写っているのは1目盛1mmのスケール。(2003年2月10日)

 ソバ(1年草)と違って多年草で地下茎は太くたくましく(図26、別名:宿根蕎麦と呼ばれる)、多数の茎を叢生する。茎は割に丈夫で、茎を引っ張ると地下茎との境でちぎれることが多く、思いがけず長い茎がとれてくる。茎は立つほかに不定根(図24)を出して地表を這いながら広がり、全体として大きな株を構成する。葉は互生し、5角状(図27)で一度見たら忘れられない特徴がある。他のタデ科植物と同様に鞘状の托葉(托葉鞘:図28)がある。   
 インド北部から中国大陸にかけて分布する植物で、中国では種子は穀物として、若芽や若葉は野菜として食べられるとのこと。我が国では、血管を丈夫にすると言われるルチンを含むということで薬用に栽培されたものが野生化したと考えられている。
 第6回国際ソバシンポジウムの講演要旨では、葉緑体DNAの研究から、栽培ソバとダッタンソバが、おそらくシャクチリソバから独立に分化したものであろうと示唆されている。(2004年2月現在、この講演要旨はWEB上では閲覧できなくなっている。)


石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。著作権法上許される範囲をこえて、著者に無断で転載はできません。「著者の了承を得て転載しました」の断り書きの無い場合には、盗作になります。ご注意下さい。ただし、リンクは自由ですから、承認を求めることは必要ありません。