mizuaoiの植物観察事典

074 ナニワズと雪

図1 雪で曲がったナニワズ(2009年2月17日)
図2 枝の裂けたナニワズ(2006年2月14日)

 先日、開きかけのナニワズの雄花(両性花)の画像をお見せしましたが、最近ようやく開花が見られるようになっていました。
 ところが、春一番の後の雪に埋もれてしまいました。
 ナニワズは冬も葉を付けていますので、雪には弱く、積もった雪で倒れてしまいます。非常に丈夫で弾力もあるので、枝が折れるということはないのですが、雪で強く押されてしまうので枝分かれのところで裂けてしまうことがときどき見られます。
 2006年2月14日に撮した「裂けたナニワズ」の画像をmizuaoiの写真館に掲載いたしました。これで見ると、古い傷と新しい傷がありますから、複数年にわたって裂けたということが分かります。

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。