mizuaoiの植物観察事典

070 キクイモとイヌキクイモ

図1 キクイモとイヌキクイモの塊茎比較(2009年1月3日)

 この両者の地上部はとてもよく似ていて、私は未だ同定の決め手をつかんでおりませんが、地下の塊茎は非常に特徴があります。
 キクイモはごろんと太く、イヌキクイモはほっそりとしています。
2007年の11月30日に、それぞれの塊茎をプランターに入れて育ててみました。
2個のイヌキクイモの塊茎を入れたプランターでは、地上茎が2本しか立ち上がらなかったのですが、2個の塊茎を入れたキクイモのプランターでは地上茎が5本育ちました。
掘り挙げるのが遅かったので、イヌキクイモはすべての塊茎がバラバラになってしまっており、塊茎の付き方についての知見を得ることができませんでした。
今年はもっと早めに掘り挙げたいと考えています。
キクイモの塊茎は明らかに丸々としているのですが、中には、イヌキクイモとそう違わないものもありました。
しかし、イヌキクイモには丸々としたものは見つかっていません。
キクイモのFILEを作るためには、少なくとももう2〜3年、調査を続けなければならないでしょう。

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。