(mizuaoiの写真館改題)

(こちらは石川の植物の別館です)


植物生態観察図鑑 おどろき編
全国農村教育協会発行の植物生態観察図鑑シリーズ第1弾 好評販売中です。

第2弾 植物生態観察図鑑 ふしぎ編 初校返しました。夏頃には完成するでしょう。御期待ください

 オウレンの性型については、植物図鑑では、雌雄異株とか、両性花と雄花とがあるなど、様々な記述があるが、実際の所は「両性花の株、雄株、雌株、両性花と雄花の混ざった株」が見られる。
 植物図鑑の記述を鵜呑みにするのではなく観察が重要である。
 オウレンの性型についても8ページにわたって詳しく解説。
 右の画像はオウレンの雌株。

など、どんな類書にもない新情報が写真607枚、192ページに納められています。

 

  価格は2,950円+消費税 です。割引価格でご購入を希望される方は、著者宛に直接メールでご希望をお伝え下さい。

石川の植物


26 ハマゴウ 
 Vitex rotundifolia L.f.   Lamiaceae(シソ科)

 石川県加賀海岸の約4kmの砂丘を埋めるハマゴウ群落は、じつに見事なものです。
 昭和58年(1983年)5月、第34回全国植樹祭の折りに石川県へ行幸された昭和天皇を、私の恩師である里見信生先生が、ここ加賀海岸へ御案内し、ハマゴウなどについてご説明申し上げました。そのとき、昭和天皇が「ここのハマゴウ群落はすばらしい」と感想を述べられた、と聞いております。

図1 満開のハマゴウ群落(2004年8月3日)
図2 雄しべも雌しべも花の外へ突き出ている
図3 普通は紫花 図4 加賀海岸では桃色の花もよく見られる
図5 別の海岸だが、白花の見られることもある

 昭和天皇が立たれた場所には、その後、花崗岩製の「御立台」が建てられ、その横に木製の標柱「第三十四回全国植樹祭」も立てられました。
 16年経った1999年には、図6のように半ば以上砂に埋もれていました。2004年6月には、図7のように木製の標柱と丸い台座は完全に砂に埋まり、お立ち台も柱だけになってしまいました。2012年4月にはほとんど砂に埋まってしまいました(図8)。この年7月に、地元有志の努力によって、重機によって掘り出されて新たに据え付け直されました(図9)。砂丘地の砂の堆積(飛砂・被砂)の激しさを物語る材料として載せておきます。

図6 砂に埋まりつつある御立台(1999年) 図7 木製の標柱と丸い台座は埋まってしまった(2004年)
図8 御影石の標柱はほとんど砂に埋まった(2012年4月) 図9 掘り出され据え付け直された御立台(2012年8月)
図10 再び埋没しだしたので、周囲の砂を摺鉢状に掻きだして全体が見えるようにされた御立台。周囲に伸びているのはハマゴウ(2017年7月31日)
図11 砂浜へ枝を伸ばすハマゴウ

 海岸砂丘で、先駆的に先へ先へと枝を伸ばして成長するシソ科の木本です。
 図鑑類には「茎は長く横にはい、枝は直立または斜めに立って、高さ30〜60cm」とか「茎は砂中を長くはい、枝は直立または斜上し、高さ30〜70cm」と記載されています。
 確かに、図1や図11をご覧頂くと、そのとおりです。
 ところが場所によると、図12のような光景が見られます。龍がのたくったような太い幹があって、枝がたくさん出ています。
どうしてこのような姿になったのでしょうか。

 図6〜10で明らかなように、砂丘表面の砂の堆積はかなりなものです。砂丘上の植物は、のんびり生きているように見えても、絶え間ない砂との戦いがあるのです。砂に埋められても埋められても、這い上がらなければ、「標柱」のように埋もれてしまうのです。砂丘に生きているということは、まさに這い上がりの人生(?)なのです。
 ハマゴウもその大本の幹が、砂に埋められて、枝が伸び広がっていたものです。
 図12〜14の様子は、何かの原因で風道が変わって、砂が吹き飛ばされてしまい、隠れていた幹が露出してしまったのでしょう。


図12 砂から姿を現したハマゴウの幹
図13 砂から姿を現したハマゴウの幹
図14 幹を露出させて砂から約50cm程立ったハマゴウ

 図12〜15のように、砂が吹き飛ばされると、砂に隠れていた幹が現れて不思議なオブジェを見せることになります。見方を変えると、これがハマゴウの本来の姿なのかも知れませんね。
 もし、この海岸で、徹底的に砂が飛ばされてしまうと、奇妙なハマゴウの林が出現することになります。もちろんもっと砂が飛ばされると根が現れて、乾燥して枯れてしまう恐れがあります。

 砂丘地の植物は、
  1 乾燥
  2 飛砂による埋没
  3 砂が無くなってしまうことによる根の露出
  4 塩風
 という過酷な条件に耐えながら生きている植物なのです。

図15 加賀海岸のハマゴウには、飛砂の他にもう一つの大敵「ネナシカズラ」(図中の赤いつる)がある
図16 寄生植物のネナシカズラにがんじがらめに寄生されたハマゴウ
図17 ネナシカズラに寄生されたハマゴウは弱って早期に葉が黄色くなってしまうことがある(2008年8月1日)

 加賀海岸のハマゴウには、もう一つの大敵寄生植物の「ネナシカズラ」があります。図15・16のように、ハマゴウを広くおおって、栄養分を吸い取っています。

ネナシカズラについての詳しい解説は(ここ)にあります。

 これほどネナシカズラがはびこると、ハマゴウの生育にも相当の影響があるはずです。すなわち、
 ネナシカズラが繁栄すると、ハマゴウが衰え、
 ハマゴウが衰えると、ネナシカズラが衰え、
 ネナシカズラが衰えると、ハマゴウが元気を盛り返す
 ハマゴウが元気になり、ネナシカズラも栄える
  というイタチごっこが見られるはずですが、漠然と景色を眺めているだけでは、先の関係が分かりにくくなるので、場所をキッチリと固定して、寄生されたハマゴウが翌年どうであったかということを「ハマゴウの個体識別」によって調べなければなりません。もっとも、ネナシカズラは一年草であるため、翌年は種子から新たに発芽して寄生するので、寄生地がずれていく可能性があり、上記の関係性を証明するのは難しいでしょう。

図18 葉の縁が白いのもハマゴウの特徴である。葉の縁が少し表側に巻いていて、葉裏の白い毛が見えるからである
図19 葉の裏面。絨毯のように毛が密生している。乾燥や砂による機械的な損傷から葉の本体を護る役目があるのだろう。 図20 葉の表面にも毛はあるが、裏面に比べて密度は薄い


☆ 
ツイッターを始めました。
メルマガ(石川の自然史)もご覧下さい。

石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。著作権法上許される範囲をこえて、著者に無断で転載はできません。「著者の了承を得て転載しました」の断り書きの無い場合には、盗作になります。ご注意下さい。ただし、リンクは自由ですから、承認を求めることは必要ありません。