mizuaoiの植物観察事典

020 テイカカズラ(定家葛)

図1 ケヤキの大木を覆って咲くテイカカズラ 
図2 開花の最盛期 
図3 一度ケヤキを覆った蔓が、垂れ下がっている 
図4 スクリュー型の花がきれいだ 
図5 スクリュー型の花がきれいだ

 テイカカズラが咲いています。ここの木は、まだ1週間から10日くらいは楽しめそうですが、よく花をつけています。20m近くのケヤキにまつわりつき、ケヤキ全体を覆って咲く様は、息を呑む美しさです。
 これまでたくさんのテイカカズラを見てきましたが、これほど立派なものは初めてです。いつまでも元気でいて欲しいと祈らずにはおれません。幸いなことに、近くにバイパスができたため、畑作業の人しか通らないので、刈られたりすることもなく育ってきたのでしょう。
 テイカカズラについての詳しい物語は、石川の植物の FILE 55 テイカカズラ をご覧下さい。




石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。