mizuaoiの植物観察事典

018 ジャケツイバラ(蛇結茨)

図1 丘の斜面をおおうジャケツイバラ 
図2 30cm近くの総状花序が葉から突きでているので遠くからでもよく目立つ 
図3 葉や幹に鋭い刺がある 
図4 青空をバックにした花はとくに美しい 
図5 直径3cm、大型の花だ

 ジャケツイバラの最盛期です。昨日、能登を走っていると、所々で、ジャケツイバラの黄色い花に出会いました。8箇所で見ることができましたが、いずれも大株で、樹林をおおっていました。石川県では、加賀にもありますが、能登に多い木です。花の時期でなければあまり目立ちませんが、花があればその存在感は圧倒的です。
蛇でも引っかかれば逃げることができないくらい鋭い刺のある木です。
 ジャケツイバラについての詳しい物語は、石川の植物の FILE 104 ジャケツイバラ をご覧下さい。




石川の植物へもどる

 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。承認を求めることは必要ではありません。