mizuaoiの植物観察事典

002 ツリフネソウ(白花)(1981年)

 通常、紫色をしているツリフネソウに、稀に、白花のものが見られます。日本の野生植物
(平凡社)には、−白化品をシロツリフネ forma pallescens Hara という−とありますが、白
花にもいろんな程度があります。そのシロツリフネが、どのような白花を指しているのかが分
かりませんので、ここでは母種のツリフネソウの白花として扱っておきますが、ここに示した
ツリフネソウは、完全な白花でした。
 鳥越村(当時)の阿手ダムの付近で見つけたものです。後年、再び探しに行きましたが、も
う見られませんでした。その後、紫花ではないツリフネソウを見る機会もありましたが、これ
ほど完全な白花には未だお目にかかっていません。


石川の植物へ戻る


 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、
引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。無断転載はできません。
リンクは自由です。特に承認を求めることは必要ではありませんが、お知らせ頂ければう
れしいです。